» 守るために今 » 消防をサポートするために活躍する人 パート2

ネットでのご注文

法人・行政機関様

Contents

消防をサポートするために活躍する人 パート2

鎌田修広 心・絆・体トレーナー

 皆様こんにちは、阿久津です。職場で人間関係で悩む方は多いと思います。そんな時、鎌田さんの話は皆様に何らかの答えを見出すきっかけになると思います。ぜひ上司の方、部下の方一緒に「消防メンタル」を読んでみてはいかがでしょうか。

始まり

皆さん、こんにちは! トップバッターに選んでいただき心より感謝申し上げます。私は消防学校の体育教官を目指して消防職員になり、18年間のうち後半の9年間を3代目体育教官として人材育成等に従事させていただきました。そして現役時代に感じた全国消防職団員の様々な悩みや課題解決のために一念発起して独立。メンタル・フィジカル・心理カウンセラー等の学びを通じ全国に100万人いる消防職団員の応援団長として「株式会社タフ・ジャパン」という教育訓練の会社を立ち上げました。ミッションは「日本の備えに貢献すること」つまり100万人を守るために下支えすることです。退職届を提出した4日後には東日本大震災が発生、日本中が大混乱の中で身重な妻の手を引き、究極に追い込まれた状態からスタートした第二の人生。もうやるしかありません。
 この9年間はとにかく突っ走ってきました。おかげ様で企業や地域、学校関係等様々な分野からのオファーもあり、今では消防学校を含めると年間200回ほど全国各地に出張しております。本当に有難いことです。偉大なる恩師に叩き込まれた言葉「きつい・つかれた・もうだめだでは他人の生命は救えない」さらに消防の世界で大切にしている消防精神「ちゃんと備えてドンと構える。いざというときには勇敢に闘え。それが消防の大精神である」この2つの素晴らしさを異業種に伝え、異業種の素晴らしさを消防に落とし込むという重責を担い日々奮闘中。
 信念1つで万事を拓くという覚悟で最後まで諦めなければ、「タフ・ジャパン」の実現が叶うと確信しております。

今消防業界に思うこと

消防筋肉は裏切りません!(笑)

令和の時代に定年を段階的に引き上げることも現実を帯びてきており、質の高い消防サービスを守り続けるためにはどうしたらよいか。私の中の答えは1つ。消防職員の責務である体力の維持・向上を仕組化し、組織力向上の一助とするのです。
「消防筋肉は裏切りません!笑」
 火災から国民の生命、身体及び財産を保護するため国民の体力平均値より30%の余裕力を守り続けるには例外なく継続できる軸が必要であり、それが体力錬成&測定なのです。さらに、メンタル・タフネスを鍛えることで、心が常に良い状態で軸がブレずに安定し高いパフォーマンスを維持することが可能となります。
 前職で体力測定を仕組化した前例がありますが、キネティックチェーン(身体の各部位はチェーン=鎖のように機能的に連動するため、一部が弱いと全体がうまく動かなくなる)を可視化したことで苦手要素に向き合い、多くの職員が地道な努力を継続したからこそ底上げができ、今でも最高水準の消防サービスを提供し続けているのです。

アウェーで闘うためのメンタル①
南極地域観測隊に挑戦中の葛西氏

アウェーで闘うためのメンタル②
異業種700名の前でプレゼン中の大井氏

災強部隊で闘うためのチームビルディング

棺桶に入ってイメージトレーニング中

通信販売のご利用規約

サイトマップ

プライバシーポリシー

© FS・JAPAN Co.,Ltd.